自営業者が借りれる消費者金融はどんな所か?

自営業者が借りれる消費者金融

自営業者でも消費者金融で借りれるって本当?

消費者金融は読んで字のごとく、「消費者のための金融」です。

 

 

昔は「サラリーマン金融」とも言われておりました。

 

 

 

従って事業目的やビジネス目的の資金の融資には対応しておりません。

 

事業性の資金目的で消費者金融に審査を申込んでもまず審査が通りません。

 

 

 

しかし、自営業者の方でも「事業性目的以外」であれば消費者金融でお金を借りることが可能です。

 

 

 

自営業者の方がビジネス目的ではなくて「お小遣い目的」、「生活費」、「その他の個人的な消費(買い物等)」などで消費者金融あらお金を借りるのはアリですし、審査も通ります。

 

 

だから自営業者でも消費者金融でお金を借りることは十分に可能であります。

自営業者は消費者金融の審査は不利って本当?

自営業者が消費者金融の審査で不利なのは否めません。

 

なぜなら自営業者はサラリーマンに比べて収入が不安定だとみなされてしまうからです。

 

 

 

従っていくら収入の多い自営業者でも「自営業者」というだけで審査が不利になりスコアリングでもサラリーマンや公務員よりも低い加点で評価されます。

 

 

 

その点は仕方がないでしょう。

 

「自営業者は消費者金融の審査では最初から不利」・・・と悟ったうえで割り切って申し込みをしましょう。

 

 

 

だから審査が通って限度額が少なくても腹を立ててはいけません(笑)

 

 

 

「俺は自営業者として年収1000万円も稼いでいるのに30万円しか借りれなった!ムカつく!!」・・・・なんて腹を立ててはダメです。

 

自営業者は消費者金融の審査では所詮そんなものです。

 

 

 

サラリーマンや公務員は年収400万円で初回50万円借りれたとしても、年収1000万円の自営業者がその倍の100万円を初回から借りれるわけではありません。

 

むしろ初回30万円位しか借りれないかもしれません。

 

 

 

つまり自営業者がサラリーマンや公務員よりも年収が高いからといって、彼らよりも多くの限度額を借りれるとは限らないのです。

 

むしろ、自営業者というだけで可決した限度額がもっと少なくなる可能性の方が高いのです。

 

 

 

なぜなら、自営業者は年収が不安定なケースが多く、この年では年収1000万円稼げたかもしれないけど、来年はその半分の500万円かもしれないし、300万円かもしれない、もしかしたらゼロかもしれない・・・。

 

そんなリスクがあるのも自営業者です。

 

 

 

固定給で毎月一定額の給料を貰っているサラリーマンや公務員が消費者金融の審査では最も有利だと心得ておきましょう。

自営業者が借りれる消費者金融記事一覧

ビジネスローンで審査が甘いところは?

インターネットで申し込みができて、審査基準が比較的甘いと思われるビジネスローンやビジネスカードローンなどがあります。独自の審査基準を行っている所もあり、通常では借りれない人でも、こちらの審査の甘いビジネスローンなら借りれる事もあります。ところで・・・ビジネスローンは総量規制の例外です。つまり年収の3...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ