他社の借入件数が何件まであれば消費者金融の審査が緩いのか?

消費者金融の審査と他社の借入件数

他社借入件数と審査の緩さは比例する?!

消費者金融の「審査の緩さ、通りやすさ」「他社借入件数」は比例します。

 

 

一般的には他社借入件数が少なければ少ないほど審査に有利です。

 

借入ゼロが一番最強ですが、多くても借入3件位までに留めておくのが無難です。

 

 

逆に借入件数が増えて行けば増えていくほど審査は「茨の道」となり難しくなっていきます。

 

 

 

大手の消費者金融では他社借入が4件に達すると、5件目は非常に厳しくなります。

 

中堅、中小の消費者金融でも他社借入5件〜6件以上になると審査が厳しくなっていきます。

 

 

また、消費者金融などの貸金業は「総量規制」という法律に左右されます。

 

総量規制とは、個人のローンなどで年収の3分の1を超える融資が出来ない法律です。

 

 

 

なので、審査が緩い消費者金融であろうが、審査が厳しい消費者金融であろうが、いずれにせよ総量規制に引っかかった人(年収の3分の1を超える融資)はこれ以上借りる事はできません。

 

他社借入件数が増えてしまった場合の対処法は?

消費者金融等で他社借入件数が増えていくと、審査が厳しくなっていきます。

 

 

消費者金融会社は多重債務者には厳しい審査に臨みます。

 

なぜなら、多重債務者は返済不能になるリスクが高く、貸し倒れリスクが高いので、消費者金融会社もより慎重な審査をするからです。

 

 

では、既に他社借入件数が増えてしまった人は、どのようにして借入件数を減らしていけば良いのでしょうか?

 

多重債務を解消する方法はあるのでしょうか?

 

 

 

 

借入件数が増えてしまった場合の対処法の一覧

 

 

1)アルバイトなど副業をして仕事を増やして返済に力を入れていく

 

一番大変な方法ですが、これが一番堅実です。

 

実際に借金返済の為にサラリーマンの方が副業でアルバイトをやっているケースが多いです。

 

ただ、アルバイトなどの副業禁止の職場や公務員はこの方法はリスクが高いといえます。

 

 

 

2)おまとめローンを使って借金の一本化をする

 

この方法も最近やる人は多いです。

 

おまとめローンとは複数の借金を一本にまとめる事を言います。

 

おまとめローンをする事で借入件数を確実に減らすことが可能となりますが、件数が減ることで気が緩んでしまい、再び借金件数を増やしてしまう人も少なくありません。

 

従っておまとめローンを利用する場合は強い意思が必要です。

 

 

 

3)不動産担保ローンで借り換えをする

 

これは担保となる不動産をお持ちの方に非常に有効です。

 

つまり不動産担保ローンを「おまとめローン代わり」として利用する方法です。

 

担保不動産さえあれば、その担保価値の範囲で確実にお金を借りることができます。

 

金利も通常の消費者金融やおまとめローンよりも安いので少しお得であります。

 

しかし、返済が出来ないと担保不動産を没収されてしまいます。

 

 

 

4)身の回りの不用品を売却し現金を集めて借金返済に充てる

 

自分の不用品を売って現金化する方法です。

 

この売却代金を借金の返済に充てるようにします。

 

 

これも面倒ではありますが、結構手堅い方法です。

 

不用品をリサイクルショップで売ったり、ネットオークションなどで売ったりしてお金を得ます。

 

 

ネットオークションなどで自分の不用品を出品すると意外なお値段で売れることもあるので、やっていて面白くなりオークションに目覚める事もあります。

 

 

まずは自分の身の回りの不用品を集めてみましょう!

消費者金融の審査と他社の借入件数記事一覧

他社借り入れ1件〜3件でも審査に通りやすい消費者金融

消費者金融は他社借り入れが少なければ少ないほど審査が通りやすく有利です。逆に他社借り入れが多くなれば多くなるほど返済能力が小さいと判断されて審査に通り難くなります。また消費者金融の審査基準も会社によって異なり、許容できる他社借り入れ件数も業者によって変わってきます。当然ですが審査が甘い消費者金融会社...

≫続きを読む

 

他社借入3件〜4件でも審査が緩い消費者金融

他社借入3件〜4件でも借りれる審査の緩い消費者金融はどれくらいあるのか?消費者金融業界全体を見ると意外に多いです。つまり消費者金融会社は他社借入3件〜4件までの融資客を予め想定した緩い審査基準でのぞんでいるケースが多いということです。だから、あなたがもし既に他社借入が3件〜4件の借入があったとしても...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ